生産工程

アルミグラビティ(AC2B)生産工程

アルミの重力鋳造の生産工程について紹介します。

  • 溶解

    鋳物用アルミニウム合金を溶解し、温度保持することで安定した給湯管理をしています。

  • 中子

    砂中子を使用することにより、中空製品や複雑な形状製品の製造が可能です。

  • 注湯

    アルミ溶湯を金型内に重力で流し込みます。弊社では溶湯乱流に起因する欠陥防止のために金型を傾斜させながら注湯する傾斜式鋳造機の導入により、鋳造中の圧力が低く、品質の良い鋳物を鋳造することができます。

  • 離型

    鋳造された製品は金型を開いた後、取り出し機にて冷却槽へ運ばれます。

  • 切断

    チップソー切断機により切断し、決められた検査項目を確認します。

  • 仕上げ・検査

    外観検査をします。鋳バリ除去や寸法・外観・内視鏡など各製品に応じた品質検査を実施し、機械工場へ搬送されます。

ページトップへ戻る