経営管理部総務人事課

常に明るく笑顔で

2012年入社 商学部 商学科
経営管理部総務人事課(2012年~)

単純であたりまえのことではありますが、総務という仕事は会社の窓口であり、会社の顔ともいえる部署なので、お客様から中央可鍛工業に良い印象を持って頂けるように、明るく笑顔で対応することを心がけています。また、会社の中でも縁の下の力持ちのような部署であるので、社内の人からも気軽に話しかけてもらえるように"常に明るく笑顔で"を心がけています。

仕事内容は?
窓口的な業務を担う総務は、さまざまな仕事を行っています。来客・電話応対、備品の管理、福利厚生の手続き、社内におけるイベント企画等があります。お客様応対では細やかな気遣いを身につけることが出来ますし、福利厚生やイベント企画ではいかに従業員に喜んでもらえるかを考えアイディアを出す、とてもやりがいのある仕事です。秘書の仕事としては、主に社長をサポートすることです。スケジュール管理やメールチェック等を日々行なっております。何ごとにおいても社長が求めることを先回りして考えられる力が必要です。とはいうものの、これはまだまだ自分の課題であります。
仕事の苦労
3年目に大きなプロジェクトの主担当に任命されたときのことです。全社員で共有するソフトを導入することだったのですが、全社員が使うものなので、賛成の人ばかりではなく、否定的な意見も言われ、挫折しそうになる時もありました。それでも導入すれば、絶対に皆にメリットがあると確信していたため、諦めずに取り組みました。プレゼン資料を作り、反対していた人達が納得してくれたときはとても嬉しかったです。導入が決まった以上は、どんな問い合わせがきても自分で解決できるようにと、ソフトを使いこなし、理解を深めました。導入後の満足度調査では、満足度はかなり高く、最後まで諦めずにやってきて良かったと実感しました。このプロジェクトで、仕事に対する意欲や、責任感が増し、貴重な経験になったと実感しています。
就活生へのメッセージ
私が就職活動をしていたころは、「就職氷河期」の真っ只中で、とても過酷であったのを覚えています。周囲より早く就職活動を始めたのですが、なかなか内定がもらえず、日が経つにつれ焦りも出てきて、このまま内定をもらえるのか不安にもなりました。それでも自分の中では、偽りのない、ありのままの自分を受け入れてくれる会社に出会いたいという気持ちがあったため、その思いだけでひたすら頑張っていました。その結果、中央可鍛とご縁があって入社することが出来ました。思い通りにいかない事もあるかと思いますが、ありのままの自分を出していけば、必ず自分にマッチする会社に巡りあえると思います。頑張ってください。
仕事のここが面白い
総務は本当に幅広く仕事をしていますが、その中でも特に面白いと思えるのは、社内イベントの企画です。ここ数年は年1回ソフトボール大会を開催して、250名近い従業員が参加しています。企画段階でアイディアを出し合ったり、事前準備、当日の運営など大変なところももちろんありますが、来てもらった人達が楽しそうにしているのを見ると、本当にやって良かったなと思えます。いつかは企画リーダーに任命されるのを目標に、これからも頑張っていく所存です。
入社動機
元々は違う業種を目指していたのですが、もっと他の業種にも目を向けてみようと思い、大学と同じ日進市にある中央可鍛工業の説明会に参加しました。製造業の説明会は初めてで、少し不安もありましたが、実際に行ってみると、これまで何十社見てきた中でも、とてもアットホームな雰囲気で好印象でした。また、採用担当者と接した時に、その方にとても魅力を感じ、目標となる社会人像で、「この人と一緒に働きたい!」と感じました。入社した今も、特にギャップを感じることなく、とても働きやすい環境で満足しています。
ページトップへ戻る