技術管理部生産管理課

面倒な事を後回しにしない!

2012年入社 文学部 図書館情報学科
技術管理部生産管理課(2012年~)

私生活の話になるのですが、私は一人暮らしをしているので面倒な家事を後回しにしたくなる時もあります。でも例えば帰宅後すぐにお酒を飲んで食事だけ作って片付けは後回し…気付いたら寝落ちしてあと1時間で会社に行かなければ!なんてことになると、大変ですよね。私生活も仕事も、面倒事は先に片づけておいた方が後が楽なので、こんなモットーで生きています。何でも後回しにすると最終的にツケが回ってくるものだと思います。

仕事内容は?
大まかに言うと事務職です。もう少し詳しく言うと、生産管理の仕事をしています。更に詳しく言うと、出荷伝票の処理、納入伝票の検収、客先との納期調整、粗材や加工部品の発注業務です。他にも月末・月初には運送会社への運賃請求や加工外注への月度報告書の作成などもあります。粗材など、聞きなれないフレーズもあると思いますが、もしこれを見ている方が入社して生産管理の部署に入ってくれるなら、私や先輩方が丁寧に教えますので任せてください!
仕事の苦労
私の業務は、前述の通り、伝票の処理や製品の元となる粗材の発注業務です。つまり出荷に関する工程で様々な人と関わっているので、ミスをするとそれだけ多くの人に迷惑がかかります。例えば製品を納入する客先は当然のこと、製品の鋳造・加工担当者、製品の出荷の担当者、それを客先に届ける運送会社など。最初のうちは特にミスも多く、そのフォローに苦労しました。ですが先輩方と一緒にミスの原因と対策を考えていくことで、正確な仕事が出来るようになりました。
就活生へのメッセージ
私はなかなか内定がなかったので、就職活動には苦労しました。何社も落とされるうちに「本当にこのやり方でいいのか、思うような会社に就職できるのか」と悩んだりもしました。しかし気分転換で普段と違う採用サイトを使ってみたところ、中央可鍛と出会いました。今までとは違いトントン拍子に面接が進み、自分の全てを出すことができました。会社との縁とはどこにあるか分かりません。諦めずに続けていれば必ず納得できる結果が得られると思いますので、頑張って下さい。
入社前後のギャップは?
会社というよりは部署になりますが。何となく静かな職場をイメージしていたので、意外と人の出入りが多く慌しいことにギャップを感じました。私の部署はお客様だけではなく、会社のメインとなる製品の生産現場である鋳造や機械部門を始めほぼ全ての部署、運送会社様や仕入れ先様とも毎日関わるので人が集まる時は本当に賑やかになります。ただ、基本的に「何か問題があるとき」は忙しくて大変ですが、静かな時は極端に静かだったりします…
入社後成長したと思うことは?
「仕事の苦労」の項目を読んで頂いた前提になりますが、学生時代は何かのミスをしても特に責任を取らずとも何の問題もないということも多くありますよね。お恥ずかしい話ながら、選択するということをしなかったんですね。私は責任を取るようなことそのものを回避して今まで生きてきました。しかし社会人となりミスによる周りへの影響の大きさを知り、自分の仕事に対してだけではなく自分の全てに自分で責任を取れる人間になれたと思っています。
ページトップへ戻る