製造部鋳造技術課

周りとのコミュニケーションを大切に

2012年入社 工学部 機械工学科
製造部鋳造技術課(2012年~)

私はラインの保全業務、改善業務を行っています。ラインの保全業務は、2人以上での共同作業が多々あり、互いに意志疎通ができていないと怪我をしてしまう可能性があります。また改善業務では作業者の方からの要望に合わせて設備の改善をしたり、物を作りますが、行き詰ったときは先輩方からアドバイスを貰います。仕事は一人でやるより、周りと協力して行うことが多いです。周りとのコミュニケーションを大切に、1人でできないことは周りの力を借りて、周りが困っているときは自分が力になる。それが私のモットーです。

仕事内容は?
ラインの保全業務、改善業務を行っています。まず保全とは一言にまとめると「壊れないように修繕する」ことです。もう少し詳しく言うと、「機械設備の定格出力・生産能力・品質を維持しながら長時間稼働できるような状態に保つ」ことであり、本来その機械設備のもっている機能・能力を十分に発揮できるよう維持し続けることです。そのためにラインの点検作業や機械部品の定期交換などを主に行っています。また改善業務ではラインバランスを整えたり、作業者から出たアイディアを元に物作りをしています。
仕事の苦労
保全は設備の構造、動作順序、操作方法など、たくさんの知識が必要です。それらを覚え、理解することにとても苦労しています。
工場内の設備が多く、多種多様である為、毎日の仕事が違い、新たな知識が得られている点ではとても満足しています。
また、改善業務では作業者の方から改善を依頼され、実施すると「やり直してほしい」「余計に作業がしにくくなった」等、言われることが多々あります。でも、諦めずに何度もやり直して、感謝の言葉を聞くと嬉しいですし、やってよかったと思えます。
就活生へのメッセージ
よく、社会人になると長期の旅行にはいけなくなるから、学生のうちに…と耳にしますが、学生のうちにしかできないことは長期の旅行だけではありません。お金のためでない事に努力できるのが学生の特権だと思います。(と、よく先輩に言われましたが、社会人になって実感しています。)
就職活動は辛い瞬間もあると思いますが、それらを乗り越えて行く力は、社会に出たときに必ず役に立ちます。また、苦しんだ分だけ必ず成長することができます。努力は決して人を裏切りません。悔いを残さないよう、全力で頑張って下さい!
今後の夢、目標
機械の分野だけでなく幅広い知識を身につけ、多くの場でリーダーシップを発揮できる人間になりたいと思います。また、現状に満足することなく、常に変化を求めて新しいことにチャレンジしていき、先輩の方々に安心して仕事を任せてもらえるよう、一日も早く一人前の仕事ができるようになりたいです。
またその上で業務の効率化を図るとともに、教育体制にも力をいれていき、これから入社してくる方々の指導・育成等を行っていきたいです。
入社後成長したと思うことは?
自分の考えをそのまま相手に伝えることが出来るようになったことです。学生時代はあまり伝えることができずに苦労していました。しかし、今の職場に配属され、厳しくも優しい先輩方に指導して頂いているうちにいつの間にか伝えられるようになりました。
ページトップへ戻る