製造部機械技術課

冷静に、丁寧に、正確に。

2013年入社 工学研究科 機械工学専攻
製造部機械技術課(2013年~)

自分の仕事は生産ラインが稼働する前の工程整備であるため、設備や生産準備が不完全な場合があります。
工程整備中に予想外のことが起きても冷静に考え、慌てず丁寧に作業することが安全に繋がる重要なことだと考えています。冷静、丁寧に作業することで決められた寸法の正確さを高め品質向上を図り、生産ラインで作業する人の安全性や作業性を自ら考えより安全で作業しやすい職場環境を作っていくためにモットーとして「冷静に、丁寧に、正確に。」を選びました。

仕事内容は?
私の行っている仕事は主に切削加工部門の生産技術です。生産技術とは新規製品をライン作業で生産できるまでの工程整備やライン作りを主に行っています。工程整備は主に生産ラインに用いているマシニングセンタを使います。頂いた図面通りに加工し、決められた寸法や公差を満たして1つの製品が出来上がるまでの加工方法や加工条件を検討し、短時間で高品質な製品が加工できるようなプログラムを考え、無駄のないライン作りをするのが仕事です。また、作業者が効率よくライン作業できるように加工治具や付帯の設計をします。
仕事の苦労
製品の形状や材質、クランプの仕方によっては刃物の推奨切削条件を使ってもうまく加工できない事、狙った寸法がでない事があり、上司に相談しアドバイスを受けクランプの仕方や、実際に切削する音や削れ方を見ることによってその製品に適した切削条件を見つけることに苦労しました。実際に工程整備が終わり、生産ラインを引き渡してラインが稼働した際に作業者が作業しにくかったりするので、作業者の気持ちを考えて作業しやすいようなラインづくりをすることが難しいです。
就活生へのメッセージ
大学で勉強したことと仕事内容は必ずしも一致しないので、やる気があればスキルは入社してから学べます。実際私は機械系学科出身でしたが、機械加工は実際にやったことがなく、入社してから学びました。仕事内容や会社のことでわからないことは、説明会などで積極的に聞くことで、どんな内容の仕事をしているかを掴めると思います。就活中は自分の勉強していること、興味ある分野だけでなく、視野を広く持ちこの機会にいろいろな会社に興味を持ってみると良いと思います。
仕事のここが面白い
机上で考えても見えなかったところが現場では見えたりして、なかなか思った通りに動かないことが多いので、工程整備を行っていて自分が作ったプログラムが思い通りに動いて製品が加工出来た時が面白くやりがいを感じる時です。また、新しい機械を導入し、新品の状態で工程整備ができる時。新品ならではの新しい気持ちでまだ触れたことのない種類の機械であると様々な機能を探ったりして勉強できるのが面白いです。
入社動機
車が好きで学生時代は自分で車を分解したり整備したりしていました。分解していく上で外からは見えない重要な部品があったりして、説明会で自動車に欠かせない様々な重要部品を製造していることを知りました。自動車部品製造メーカーとして自分の作った製品が世の中に出て行き欠かせないものになることに喜びを感じ、材料から形を作り加工、組付けまで一貫して行うことができ、製造工程を知ることができるので入社しようと思いました。
今後の夢、目標
現在新規製品の工程整備を主にやっていますが、今後は機械の設計や電気制御関係の仕事もしてみたいと思っています。今使っているマシニングセンタは操作して加工することがメインですが、それに伴う治具や制御系などの設計を行い一からラインを作ることを目標としています。まだ配属されて2年目ですが上司が作業を行っている時にどのようなことを行っているか見ておき、社外教育などを活用し新しい知識を仕入れていきたいと思っています。
ページトップへ戻る