技術管理部技術開発室

やれることはその日のうちにやり、余裕を持つこと

2014年入社 工学部 電気電子工学科
技術管理部技術開発室(2014年~)

入社当初は明日やればいいやと思った仕事がたまり、月末に時間を取られ、ほかの仕事をする時間が少なくなり、書類のミスなどが起こっていました。いまはやれる仕事はその日のうちに行うことで仕事を余裕をもってこなすことができています。ほかにも仕事の合間に考える余裕ができ、今まで気づけていなかったことを見つけられるようになり、自分の仕事の面白さを感じられるようになったと思います。

仕事内容は?
私の所属している部署では鋳造での生産において重要な要素の一つである型、方案の設計を行い、現場にて量産するための生産準備を行っています。私は主に試作品に関する仕事に携わっており、試作品がお客様の要求している材質、品質、形状を満足しているか評価、確認を行い、欠陥があれば対策を講じてお客様に出荷できる状態にするまでを仕事としています。ほかにも先輩方が生産準備している製品の評価などを手伝うこともあります。
仕事の苦労
鋳造でのものづくりはトライアンドエラーが多くあることです。製品の形状や大きさによってお客様の必要としている材質、形状が予想通りにいかないことが多くあります。そのたびに、どうしてこのような結果が起こったのかをイメージし、鋳造に詳しい先輩方に相談して対策を考えるのですが、製品には納期があり、時間が限られているため短い間で対策を実行しなければならず、あまり何度も失敗ができないことです。
就活生へのメッセージ
就活は悩むことや焦ることが多いと思いますが、たくさんの会社、業種をみて自分に合った会社を見つけることができるよう頑張ってください。工場見学などは積極的に参加し、多くの会社に足を運んでいただいて社内の雰囲気を感じるのがいいと思います。また、自分は長年働けるような職場環境の良さもポイントだと思っています。弊社では有給休暇取得促進制度があり、有給を取りやすく働きやすい環境が整っていますので、気になりましたら一度、弊社の工場見学にきてください。
仕事のここが面白い
試作品の鋳物がつくられる過程を最初の鉄を溶かすところから最後の機械加工にて部品となるまでを見ることができることが面白いところだと思います。鉄の塊だったものが製品となっていく姿をはじめてみたときはわくわくしました。また、試作品に不良が生じたときに不良対策を行うのですが、その対策に自分の意見が通り、実際に不良がなくなったときは非常に嬉しく、面白いと感じています。
入社動機
物を作ってみたいという気持ちは以前からあり、工場見学にて大きな製造ラインが動いているのを見たこと、鋳物は中子と呼ばれるものを使用することで非常に複雑な形状の製品を作ることができると知り、設計をすることが面白そうだと感じたからです。
ページトップへ戻る