生産準備フロー

開発プロセス

  • お客様
  • 形状・
    材質の検討

    客先から寄せられる様々な案件に対して、営業・技術・生産の各部門が一体になり検討を重ねます。設計的な要求機能やコストなど、あらゆる要請に対応するため、各工程トータルでの生産準備がスタートします。

  • 設計・VE/VA&
    提案

    『よいモノをより安く』を目的にコスト低減や機能向上するための提案活動を積極的に行っています。また、製品の最適化を図る設計形状を提案いたします。また、製品の最適化を図る設計と形状を提案します。

  • CAE解析

    最新ソフトを駆使して強度・振動・湯流れ・凝固などの各種解析シミュレーションを活用することで開発コスト低減とリードタイムの短縮を実現しています。

  • 型設計・製作

    これまで培われてきた鋳造技術による方案設計と、3D-CAD/CAMを駆使した一貫システムの導入により、他社を凌駕する短納期かつ高精度の確保が可能となっています。また、仕様変更などにもスピーディーに対応することができます。

  • 試作

    今後の量産を踏まえた精度の高い試作により問題の早期発見と改善を行っていきます。試作時の造り込みの強さが客先の信頼を支えています。

  • 実機評価

    早期課題を発見・改善し、無駄の少ない量産化を実現します。多種の設備で評価し、製品の機能や品質を保証します。

  • 製品化

    私たちは常に技術の進歩を目指して研究・開発をしています。私たちが生んだ製品は日本のみならず、全世界各国で人々の生活に貢献しています。

ページトップへ戻る