カーボンニュートラル

中央可鍛工業は、パリ協定を支持しており、2040年カーボンニュートラルに向けて全力でチャレンジしていきます。

[TOP MESSAGE]専務取締役 畠山浩之(Hiroyuki Hatakeyama) 鋳造業界のトップランナーでありたい

みなさんに製品をお届けするために生産過程において多くのCO2を排出してしまう鋳造業、そんな我々こそ取り組めることがあるはずです。
2040年のカーボンニュートラル達成にむけて様々なアプローチで挑みます。
「多くのCO2を排出するからこそ、どこよりも早く取り組みを開始し、結果を出していきます」

環境管理責任者 竹内 達也
SDGsアイコン

CO2削減シナリオ  目標ライン

目標ライン

CO2削減  2005年度から2020年度までの改善実績の推移

改善実績の推移

環境マネジメントシステム

カーボンニュートラルへの道  【日常改善+技術革新+再エネ利用】

CO2削減の考え方(優先順位)

  • ①全員参加の省エネムダ改善  省エネ改善ポイント「6つの心得
  • ②さらなる省エネルギー対策(原理原則に沿った省エネ)
  • ③省エネルギー新生産技術開発
  • ④再生可能エネルギーの創出・利用(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス等)蓄電、蓄熱等の提案
  • ⑤再生可能エネルギーの環境価値の購入
  • ⑥吸収・除去(J-クレジットの活用、CO2回収し地中に貯留)
    →ゴールを2040年に設定

6つの心得

取り組み済の紹介

  • コークス燃焼によるキュポラ溶解から電気炉溶解への切り替え(2009年)
  • 環境負荷の少ない新鋳造工場(岐阜県久尻工場)の稼働開始(2019年)
  • エコキュート導入、事業所及び寮などの照明設備をLEDに切り替え
  • 電気リフトの導入
  • 水使用量の低減、廃棄物削減等
  • 社用車に低公害車(燃料電池車、ハイブリッド車などの環境配慮型車両)を積極的に導入
  • グリーンカーテンを事務所窓際などに設置
  • 土岐可鍛工業(株)(当社100%子会社)にて太陽光発電を開始(2014年)

太陽光発電

森林

取り組み中の紹介

  • 省エネ等日常管理再徹底
  • 鋳造、機械省エネ設備(コンプレッサ)導入
  • 機械現有設備省エネ(クーラント効率的利用、油圧装備の小型化、エアー使用削減、非生産時の省エネ回路徹底)
  • からくり改善導入推進
  • 岐阜久尻工場のフル活用(エネルギー効率の良い新しい工場)※日進工場比-24%
  • グリーン調達
  • ヒートポンプの活用(廃熱利用)
  • 保有山林の保護、生物多様性の維持
    岐阜県高山市など数か所に里山を保有し、地域の自然環境の保護、生物多様性の維持に貢献
  • 地域のボーイスカウト活動を通じて、緑の募金へ参加

保有山林の保護

グリーン調達

ページトップへ戻る